電子マネー付帯カードランキング

Pontaメリット

2010年にサービスを開始したPontaは、会員数ではTポイントを上回る大勢力。
そんなPontaとリクルートが2014年4月に業務提携。
じゃらんnetなどリクルート系サイトで貯まるリクルートポイントが、使い勝手のいいPontaポイントと相互交換可能になったのです。

現在、Ponta加盟店は2万3400店。これにリクルート系サイトが扱う店を加えると10万店以上になります。
しかも、そのなかには街の小売店や飲食店も多く、選べる店の幅が格段に広がったのです。
まさに魅力倍増となったPontaですが、ほかにもメリットは多いです。

そのひとつがポイントを合算できること。
最大10人までグループ登録可能で、ひとりではなかなか貯まらないポイントも、家族などで協力すればアッという間にポイントが貯まります。
ポイントは1Pから使えて、残さず使いきれるのもうれしい点です。

また、公式アプリ「Pontaタイム」は、ゲーム性を重視。
さまざまなバッジを取得していくことでおこづかいポイントを獲得できます。
このおこづかいポイントはPontaポイントに交換可能です。
Pontaポイントはリクルートポイントとの統合を予定していて交換の手続きなしにPontaポイントが貯まるようになり、さらに使い勝手が高まりそうです。

関連記事

  1. クイックペイ付帯クレジットカード

    クイックペイ付帯クレジットカード一覧入会資格・特典

  2. クイックペイ付帯クレジットカード

    楽天iD付帯クレジットカード

  3. Edy(エディ)付帯クレジットカード

    Edyチャージ付帯クレジットカード一覧比較

  4. nanaco付帯クレジットカード

    nanaco付帯クレジットカード一覧入会資格・特典

  5. 電子マネー機能付帯カード

    電子マネーチャージ付クレジットカード

  6. Tポイントの利便性

PAGE TOP