クレジットカードについて

ポイントが損するカードの使い方

ポイント還元率で選ぶ私たちの生活に欠かせない便利なクレジットカード。銀行系、流通系、航空会社系、ネット系など日本には数多くのカード発行会社があります。買い物、ネットショッピング、海外旅行にカード1枚で決済できる手軽さからひとりで何枚か持っている人は多いですね。平均3枚くらいもっているようです。
でも本当に有効に使いこなせているのでしょうか?年会費だけ払ってほとんど使っていないカードを持っていませんか?そこでクレジットカードの賢い選び方、せっかく貯まったポイントを失効しないカード選びについて紹介。

カードの最大のメリットはポイントなんです。

選ぶクレジットカードによって大きく差が出るので重要。
鍵となるのが還元率。還元率の高いお得なカードから自分に合うものをえらぶのがクレジットカードで失敗しない選び方です。

たとえば新規加入で5000ポイント進呈などと勧められてついクレジットカードを作ってしまう人。年会費もばかにならず、カードを分散してポイントがたまりにくい。
お得な使い方はクレジットカードは1~2枚に絞って集中して使うのが基本。
年会費も減って効率よくたまります。1枚にすればかなりポイントを貯めることができのでは。
カードの選び方

自分のカードの還元率を把握していないタイプ

還元率はさまざまで一番多いのが0.5%、ですが、1%,1.5%とかまれにあります。使う額によってその差は大きいと思いますよ。
よく使うクレジットカードは還元率1%超えのものを選ぶのがおトク。
一般的なカードの2倍ポイントがたまるのですから還元率を知ることは大事ですよ。

ポイントの有効期限を把握していないタイプ

クレジットカードのポイントには有効期限があります。複数のカードを分散利用すると、交換に必要な最低ポイントに達しないまま期限切れなんてことも起こりうるのです。失効するということはそのカードの出番が少ない証拠。
思い切って解約するのも賢い選択ですよ。
ポイントの有効期限は1~2年が一般的ですが、無期限のもの、最終ポイント獲得日から1年というカードもあります。
このようなカードなら自分のペースでポイントをためられ、カード利用額が少ない人でも安心ですね。

ポイント交換ギフトは消去法で選択するタイプ

ほしいギフトに交換するにはポイントが足らず、しかたなく欲しくもないものと交換するのではトクしたとは言えないでしょう。
クレジットカードを選ぶ際は、ポイントの使い道や交換可能な最低ポイント数も確認しておきましょう。
自分がよく利用するお店やサイトで、少ないポイントから1P単位で使えるカードなら、ムダにならなくて使い勝手もいいはず。
また、一定額を貯めると、ポイント相当額が現金で銀行口座に振り込まれる実利的なカードもあります。

関連記事

  1. カード付帯保険の利用条件や使い方:付帯保険が充実したクレジットカードは…

  2. 楽天ポイント

    マイルを本気で貯めるエアラインカードを比較で選ぶ

  3. ANA&JALマイル貯め方 どのカードがおすすめ?

  4. 高速道路料金を半額にするETCカードの利用法

    高速道路料金を半額にするETCカードの裏技!?

  5. カード年会費

    クレジットカード年会費の損得

PAGE TOP