クレジットカードについて

カード付帯保険の利用条件や使い方:付帯保険が充実したクレジットカードはコレ!

海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカードを持っておく

海外旅行傷害保険付帯カード利用方法海外に行く場合には必ず海外旅行傷害保険に入っておくのが安心。万一、交通事故や病気で入院した場合、カードの上限額を超えた治療費や入院費を払わなくなると大変です。それを補うために現金を持っていたとしても日本円を現地通貨に両替えすることができないこともおこります。そんな時に備えて海外旅行傷害保険が付帯したくれじっとかーどを持っておくと安心です。今持っているカードにも確か保険は付いているけど使い方がイマイチ分からない人も多いようです。なのでクレジットカード付帯保険の利用条件や使い方を紹介します。

海外旅行保険の種類と利用方法

ほとんどのクレジットカードには海外旅行傷害保険や携行品損害保険などがついています。特に注意しないければけないのは海外旅行保険。自動付帯と利用付帯の2種類があって、自動付帯のものは、海外旅行の際にカードを持って行かなくても保険が適用されます。しかし、利用付帯の場合には、自宅~出国までの旅行前のタイミングで、クレジットカードを使って支払いをしなければ保険が適用されないので、忘れっぽい人は自動付帯したクレジットカードを選ぶとよい。

自動付帯保険

旅行時にカードを持って行かなくても、自動的に保険が適用されます。ただし、保険適用時にはクレジットカードの裏面のに記載されているカード会社の電話番号やカード番号が必要なので注意すること。

利用付帯保険

出国までに、公共交通機関やツアー代金などをクレジットカードを使って支払いをすると保険が適用されます。また公共交通機関なのでタクシーはNGなど支払いに制約があるのでカード会社の規約をよく読んでおきましょう。

海外旅行傷害保険付帯カード
アメリカンエキスプレス・カード

とにかく疾病・傷害の補償額が重要!

保健には死亡時に多額の保険金がおりる死亡・後遺傷害保険と、病気の治療費などを負担する疾病・傷害保険があります。死亡してしまっては元も子もないので、ここで注目したいのは疾病・傷害保険です。アメリカ・ホノルルへ海外旅行時に盲腸になったAさんによれば、かかった治療費はおよそ150万円(凄く高い!)。海外で病気になると思わぬ出費がかかるので、疾病傷害保険の金額に着目してカードを選びましょう。もし補償を受けるようなシーンになった場合、たとえ自動付帯カードを複数枚持っていたとしても、適用されるのは補償金額が最も高い1枚だけ。1億円の保険を受けられるカードが2枚あったとしても、2億円にはならないのです。

旅行時の病気やケガが心配なら、保険金額が合算される疾病傷害保険が自動付帯されたクレジットカードを複数持っておくのがベストです。

クレジットカードを持つときのポイント
  • 死亡・後遺傷害保険が高額のカードが何枚あっても意味はない!
  • 自動付帯のカードを複数持つなら、カード会社が重複しないように
  • 被保険者は家族も対象になっているかどうか

付帯されている保険の使い方

付帯保険の使い方

自動付帯の保険には携行品や盗難などについての「賠償責任・携行品損害・盗難・・・」などの保険が付与されていないカードもあります。自動付帯だからと安易に入会せず、よくあるトラブルに関する保険が適用されているかもカード選びのチェック項目です。
利用付帯は旅行前に、該当のクレジットカードで支払いをしておくことが保険の適用条件です。しかし、各社ごとに微妙に条件が異なるのでチェックしましょう。また、タクシーは公共交通機関でがないので交通費に含まれない場合が多いです。

※携行品損害保険は現在値で算出されます
海外旅行時にカメラなど高額の携行品が破損や故障した場合、携行品損害保険が付帯しておれば、保険金が下りる場合があります。しかし、損害保険金額の査定については、製品の保険金に関しては現状での価格と照らし合わせた上で査定されるケースが多い。つまり購入時の価格が保証されるわけではなく、現行価格に左右されることになります。なので型落ち製品は予想以上に査定は低くなります。

アメリカンエキスプレス・カード
アメリカンエキスプレス・カード
注目!→海外旅行傷害保険の補償内容は文句なし!
  • 年会費以上の補償とサービス
  • 普段使いでポイントも貯まりやすい!
  • 最高5000万円の旅行傷害保険が利用付帯!
  • 貯まったポイントは年会費支払いや提携マイルへ移行
年会費 海外傷害保険 被保険者
12,000円+税 最高5000万円 本人及び家族
Point!

高いステータスと高品質のサービスを提供するアメックスをお金持ちの人のカード」なんて誤解していませんか?そんなイメージでアメックスを敬遠していればはっきり言って「損しています」海外旅行傷害保険では、被保険者はカード本人はもちろん、同伴された家族も対象です。アメックスは海外に強いだけでなく、国内においてもJCBと提携しているので、JCBが使える所ならアメックスもOK!コンビニやスーパー、公共料金の支払いでもポイントが貯まります。貯まったポイントはカード年会費に充当したり、提携マイルにも移行できます。月々1000円のコストで憧れのアメックスに入会できます。下表の通り三井住友VISAカードやJCBカードと比較しても満足される補償内容となっています。
※アメックスカードによりツアー代金や公共交通機関の支払いをする

カード利用付帯によるカード会社の補償比較
担保項目 三井住友VISA
(利用付帯)
JCBカード
(利用付帯)
AMEXカード
(利用付帯)
年会費 初年度無料
(2年目:1,250円+税)
初年度無料
(2年目:1,250円+税)
初年度無料
(2年目:12,000円+税)
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高3,000万円 最高5,000万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
50万円 100万円 100万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
50万円 100万円 100万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,000万円 2,000万円 3,000万円
携行品損害
[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
15万円 20万円 100万円
救援者費用
(1年間の限度額)
100万円 100万円 200万円
被保険者 本人のみ 本人 本人及び家族

アメリカンエキスプレス・カード入会キャンペーン!
カード入会6か月以内のご利用で
メンバーシップリワードポイント15,000ポイント獲得可能!
次年度の年会費も無料になるチャンス!
入会はこちらアメリカンエキスプレス・カード公式サイトに進みます。

関連記事

  1. ポイントが損するカードの使い方

  2. 楽天ポイント

    マイルを本気で貯めるエアラインカードを比較で選ぶ

  3. 高速道路料金を半額にするETCカードの利用法

    高速道路料金を半額にするETCカードの裏技!?

  4. カード年会費

    クレジットカード年会費の損得

  5. ANA&JALマイル貯め方 どのカードがおすすめ?

PAGE TOP