セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
クレジットカード人気ランキング > 法人向けクレジットカード > セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

業歴が浅い法人が申込みしやすいプラチナカードをお探しなら、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめ。
実はこのプラチナカードは、法人格でもない個人つまりサラリーマンでも申し込みが可能です。
プラチナカードは、ご存知のように誰でも持てるものではなくて、本人の年収や年間利用額、カードヒストリーなどを総合的に判断してインビテーション(招待)される文字通りハイクラスでポテンシャルが高いクレジットカードです。
ですが、セゾンプラチナは、招待制ではなくて、本人の申込み制で所有できるのです。

セゾン・プラチナ・ビジネスカード

★★★★★

スピード発行

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、インビテーションなしの申込み制プラチナカードだから、業歴が浅い法人も持ちやすいプラチナカードとしておすすめ!
国際的なステータスがビジネスを強力にサポートするカードフェイスは一流の証。
接待・出張の予約手配やビジネスホテル優待ができるほか、海外の無線LAN用機器と携帯電話を優遇料金で利用可能。利用明細データもダウンロードできるので資金管理もラク。(※)年間200万円以上の利用がある場合には、次年度の年会費1万円。

年会費 20.000円(税抜き)
年会費優遇 あり(※)
貯まるマイル JALマイル
還元率 0.5%
傷害保険 国内・海外旅行1億円

プラチナカード年会費を比較

プロパーのアメリカン・エキスプレス・プラチナカード(年会費13万円・税抜き)とダイナースクラブ プレミアムカード(年会費10万円)を比較しても、年会費が2万円(税抜き)と断然安く、年間200万円以上の利用で次年度は年会費1万円になる優遇制度もある。

セゾンプラチナ アメックス・プラチナ JCBザ・クラス 三井住友VISAプラチナカード
年会費 年会費 年会費 年会費
20,000円(※) 13万円 50,000円 50,000円

年間200万円以上の買物利用というと一見高そうですが、法人だと備品購入、通信費、交通費、契約社員の人件費、社員の福利厚生費、接待費などを合計すると月間15万円以上は軽く超えて年間200万円以上になる計算は立つ。
そうなると次年度年会費は1万円となり、年会費だけでも年間12万円の経費節減につながるから、コストパフォーマンスは非常に高いというのがわかりますね。

プラチナメンバーだけに提供される特別サービス

特別サービス

充実のプライベートを演出してくれる特別サービス

プライベートのサービス



キーワード