特徴・比較ランキングから選ぶ

リボ払い専用クレジットカード

リボ払いの手数料計算やお得なリボ専用クレジットカードを比較

リボ払いカードって何?という人結構います・・・。実は自分もそうでした(笑)。
リボ払いカードは「支払残高」の金額の大きさに応じて毎月の支払額が段階的に増減する方式(残高スライド方式)のカードをいいます。利用額合計に応じて月々の支払いを一定の金額で支払うことです。高額商品を買ったりするときに支払いに負担がかからない金額を設定できるので、「いざという時に頼りになるクレジットカード」です。
例えば手持ちのお金は足りないけど、1日でも早く手に入れたい高額なブランド品がある・・・。
来月海外旅行に行きたいけどお金が足りない、でもそれを逃したら次のチャンスは1年先・・・。そんなケースの直面した時は、月々定額の支払で利用できるリボカードが役に立ちます。

リボ払い専用カードの選び方

一般的にリボ払い専用カード会社はカード入会による次の3点を特典にしています。

  1. 年会費は本会員も家族会員も「永年無料」です。
  2. それと「カード利用によって高還元率でポイントが貯まる
  3. 国内外旅行傷害保険が自動付帯

リボ払いのメリット

1支払額が一定・お財布管理がラク

毎月入ってくるお金はおおむね決まっていますよね。でも出費になるとシーズンによっては、入学・卒業・結婚式・引越など何かと物入りに。そんな困った状況を助けてくれるのがリボ払いです。毎月の返済額が一定なので残高に購入金額が上乗せになっても、毎月の支払金額が変わらないので、家計の管理もしやすく返済計画も立てやすいです。

2大きな支出があっても安心!

憧れのブランド品が欲しいけど、支払いのことを考えると買い逃したり、ついつい気に入って高額品を買ってしまった後で請求書が送られてきてビックリしたなんてこともあるかも知れません。そんな場合は、リボ払いカードは威力を発揮します。

3いつでも繰上げ返済が可能!

リボ払いの支払いには金利が付きます。なのでリボ払いだとなかなか残高が減らないのがデメリットです。でもボーナス時期やお金に余裕ができたときに、いつでも簡単にカード会社の公式サイトから「おまとめ払い」や「増額払い」ができます。

4一括払いよりポイントが貯まりやすい

リボ払い専用カードは、通常のクレジットカードよりポイント還元率が高いです。通常のクレジットカードがポイント還元率が0.5%~なのに対して、リボ専用カードはポイント還元率が1.0%~と2倍になります。カード会社によってはポイント還元率がアップするキャンペーンなども時々行っています。
年会費が無料なのでカードの維持費はゼロです。

リボ払い専用おすすめ!クレジットカード

JCB EITカード
JCB EIT
年会費 永年無料
入会資格 18歳以上(高校生不可))
実質年率 8.04~18.00%

リボ払いカードの中では手数料が安い!初回支払い時には手数料無料!ポイント優待サイト「Oki Doki ランド」からインターネットショッピングをすると、Oki Dokiポイントが最大20倍たまります!!

DC-ジザイルカード
DC-ジザイルカード
年会費 永年無料
入会資格 18歳以上(高校生不可))
実質年率 15.00%

利用合計1000円ごとに3ポイント貯まります!毎月の支払額を自由設定できます!コンビニや提携ATMでいつでも返済できます。繰り上げ返済やまとめて返済もOK!。家族カード。ETCカードでもポイント3倍!

三井住友VISAエブリプラス
三井住友VISAカードエブリプラス
年会費 永年無料
入会資格 18歳以上(高校生不可))
実質年率 18.00%

利用額のポイントがいつでも3倍!支払い方法は元金定額で、最低支払額は5,000円から。VISAカードのモールでは大手通販でのポイントが2~20倍になるので、ネットショッピングが好きなユーザーにはお得です。

オリコUPty iD カード
オリコUPTYカード
年会費 1,250円+税(
入会資格 18歳以上(高校生不可)
実質年率 18.00%

UPty(アプティ)なら、お店で「1回払い」と言っても自動的にリボ払いになるのでスマートにお買い物が出来ます。おサイフケータイで電子マネー「iD」「QUICPay」も利用可!海外旅行傷害保険も付帯。

セディナカードJiyu!da!
セディナカードJiyu!da!
年会費 永年無料
入会資格 18歳以上(高校生不可)
実質年率 15.00%

貯めやすく使いやすいポイントプログラムも魅力の一つ。通常は200円=1ポイントのわくわくポイントが貯まるけど、ショッピングモール「セディナビ」経由でネット通販を利用すると最大20倍までにアップ!

三井住友VISAビジネスオーナー
三井住友VISAビジネスオーナー
年会費 1,250円+税
入会資格 20歳以上
実質年率 15.00%

個人事業主向けビジネスカード。経費節約、支払いも計画的にできるリボ払いにも対応!支払いをカードに一本化することで、出張接待費、広告費など、多岐に渡る支払い先への振込手数料の削減が可能。

リボ払いのデメリット

ただし、リボ払いカードにはもちろん手数料(利息)がかかります。
支払期間が長くなればなるほど手数料は増えるので、1日も早く減らすことがリボカードを使いこなすのがポイント。

分割払いとの違い

クレジットカードは種類によって「一括払い」「分割払い」「リボ払い」の3つが1枚でできるクレジットカードもあります。また当サイトでも紹介しているリボ払い専用カードですね。確かにリボ払いも分割払いと同じ方法なのですが、分かりやすく説明すれば、

【リボ払い】毎月ほぼ一定の金額+金利手数料を支払う。支払い回数の制限はナシ。
【分割払い】返済回数を指定して一定の金額+金利手数料を支払う。指定の回数で必ず完済できる。

リボ払いは支配回数の制限がないことから、いつ完済できるか見当がつきにくいです。>例えば、毎月20,000円の支払いにしたリボ払いの場合は残高が8,000円しか減りません。つまり返済額の半分以上が手数料(利息)になってしまいます。

【参考】リボ払いの特徴と利用上の注意
日本クレジット協会公式サイトを参照してください

まず手数料の仕組みを覚えておこう

計算に必要なのは、下記に表した6つの要素があります。
また、カード会社の公式サイトには、必要な要素を入れるだけで手数料を計算してくれるサービスを用意している場合も多いので、計算方法だけを覚えて、実際の計算はそうしたサービスを活用すると良い。

支払い方法は元金定額払いと元利定額払いの2種類

支払い方法はカードごとに決まっており、元金定額は、元金に対する支払いが毎月定額で、それにプラスして手数料を払うため、支払い終了期間がわかりやすい。

元利定額は、毎月の支払額は一定になるが、その中に手数料分も含まれているため、支払い終了日が把握しにくい面がある。
どちらがトクというわけでなく、手数料を安く抑えるなら1日も早く支払いを終わらせること。
各社コンビニでのATMなどでも支払いができるので、お金に余裕がある時は、前倒して支払ってしまおう。

リボ払いカード計算方法

10万円残高を元金定額コース返済の場合

支払日 元金支払い 手数料 支払合計 残高
4月10日 20,000円 1,684円 21,684円 80,000円
5月10日 20,000円 986円 20,986円 60,000円
6月10日 20,000円 764円 20,764円 40,000円
7月10日 20,000円 493円 20,493円 20,000円
8月10日 20,000円 254円 20,254円 0円
手数料合計 4,181円


10万円残高を元金定額コースで返済した場合(初月手数料無料の場合)

支払日 元金支払い 手数料 支払合計 残高
4月10日 20,000円 0円 20,000円 80,000円
5月10日 20,000円 986円 20,986円 60,000円
6月10日 20,000円 764円 20,764円 40,000円
7月10日 20,000円 493円 20,493円 20,000円
8月10日 20,000円 254円 20,254円 0円
手数料合計 2,497円

10万円残高を元利定額コースで返済した場合

支払日 元金支払い 手数料 支払合計 残高
4月10日 18,316円 1,684円 20,000円 81,684円
5月10日 18,993円 1,007円 20,000円 62,691円
6月10日 19,202円 798円 20,000円 43,489円
7月10日 19,464円 536円 20,000円 24,205円
8月10日 19,694円 306円 20,000円 4,331円
9月10日 4,331円 55円 4,386円 0円
手数料合計 4,386円

10万円残高を元利定額コースで返済した場合(初月手数料無料の場合)

支払日 元金支払い 手数料 支払合計 残高
4月10日 20,000円 0円 20,000円 80,000円
5月10日 19,014円 986円 20,000円 60,986円
6月10日 19,224円 776円 20,000円 41,762円
7月10日 19,486円 514円 20,000円 22,276円
8月10日 19,717円 283円 20,000円 2,559円
9月10日 2,559円 32円 2,591円 0円
手数料合計 2,591円
リボ専用カード人気ランキング

リボ払い専用おすすめ!クレジットカード

JCB EITカード
JCB EIT
年会費 永年無料
入会資格 18歳以上(高校生不可))
実質年率 8.04~18.00%

リボ払いカードの中では手数料が安い!初回支払い時には手数料無料!ポイント優待サイト「Oki Doki ランド」からインターネットショッピングをすると、Oki Dokiポイントが最大20倍たまります!!

DC-ジザイルカード
DC-ジザイルカード
年会費 永年無料
入会資格 18歳以上(高校生不可))
実質年率 15.00%

利用合計1000円ごとに3ポイント貯まります!毎月の支払額を自由設定できます!コンビニや提携ATMでいつでも返済できます。繰り上げ返済やまとめて返済もOK!。家族カード。ETCカードでもポイント3倍!

三井住友VISAエブリプラス
三井住友VISAカードエブリプラス
年会費 永年無料
入会資格 18歳以上(高校生不可))
実質年率 18.00%

利用額のポイントがいつでも3倍!支払い方法は元金定額で、最低支払額は5,000円から。VISAカードのモールでは大手通販でのポイントが2~20倍になるので、ネットショッピングが好きなユーザーにはお得です。

オリコUPty iD カード
オリコUPTYカード
年会費 1,250円+税(
入会資格 18歳以上(高校生不可)
実質年率 18.00%

UPty(アプティ)なら、お店で「1回払い」と言っても自動的にリボ払いになるのでスマートにお買い物が出来ます。おサイフケータイで電子マネー「iD」「QUICPay」も利用可!海外旅行傷害保険も付帯。

セディナカードJiyu!da!
セディナカードJiyu!da!
年会費 永年無料
入会資格 18歳以上(高校生不可)
実質年率 15.00%

貯めやすく使いやすいポイントプログラムも魅力の一つ。通常は200円=1ポイントのわくわくポイントが貯まるけど、ショッピングモール「セディナビ」経由でネット通販を利用すると最大20倍までにアップ!

三井住友VISAビジネスオーナー
三井住友VISAビジネスオーナー
年会費 1,250円+税
入会資格 20歳以上
実質年率 15.00%

個人事業主向けビジネスカード。経費節約、支払いも計画的にできるリボ払いにも対応!支払いをカードに一本化することで、出張接待費、広告費など、多岐に渡る支払い先への振込手数料の削減が可能。

関連記事

  1. プロパー系カードランキング

    プロパー系カードランキング

  2. 映画割引カード

    映画割引クレジットカード

  3. デルタダイナースカード

    外資系航空カード

  4. 主婦おすすめカード

    主婦おすすめクレジットカード比較ランキング

  5. 旅行傷害保険付帯カード

    旅行傷害保険付帯ゴールドカード比較

  6. 20代がホントに持ちたいゴールドカードランキング

アメックス徹底解説

目的別ランキング

  • クレジットカード総合ランキング
  • 学生・新社会人クレジットカード
  • 女性向けクレジットカードランキング
  • 即日発行クレジットカードランキング
  • ゴールドカードランキング
  • 年会費無料クレジットカードランキング
  • ポイント還元率高いクレジットカードランキング
  • 法人専用クレジットカードランキング
  • 海外に強いクレジットカードランキング
  • リボ払い専用クレジットカードランキング
  • ETC一体型クレジットカードランキング
  • 百貨店クレジットカードランキング
  • コンビニクレジットカードランキング

カード会社から選ぶ

  • 三井住友VISAカード
  • JCBプロp-カード
  • アメリカンエキスプレスカード
  • ダイナースクラブカード
  • セゾンカード
  • オリコカード
  • 楽天カード
  • エポスカード
  • イオンカード
  • ライフカード
  • リクルートカード
  • JALカード
  • 三菱UFJカード
  • セディナカード
  • 出光クレジットカード
  • エネオスカード
  • ジャックスカード
  • JTB旅カード
  • NTTグループカード
  • 三越・伊勢丹エムアイカード
  • セブンカード
  • ファミマTカード

ANAマイルを早く貯めたい人へ




PAGE TOP