電子マネー付クレジットカード選び

Edy(エディ)機能付きカード選び方

楽天Edy(エディ)と相性抜群のクレジットカード

楽天EDyの特徴
楽天Edy入会メリット
楽天Edyは、オサイフケータイ、またはEdyカードが使えます。また、iphoneでもパソリやオサイフケータイジャケットを使用することで、楽天Edyのサービスが可能です。全国50万ヶ所以上のお店で利用でき、200円で1P の楽天スーパーポイントが貯まります。ポイントプラス加盟店では2倍になります。さらに毎月開催されるポイント倍付けキャンペーンなどポイントがまたる機会多い、利用期間に短いポイントあるので、早めに利用しましょう。

電子マネープリペイド型

  1. チャージの手間が省ける
  2. 支払い時に残高不足の心配がない
  3. 請求が一括なので支払いがラク

事前チャージは不要で利用代金はクレカの請求と共に後払い。支払いをクレカとまとめて一回でできるので手軽です。基本的にクレカの利用限度額まで利用でき高額な買い物にも対応します。ただ、支払い上限を設けているカードや店舗もあるので注意が必要です。

チャージでもポイントは貯まる

エディ(EDY)にチャージ可能なクレジットカードはたくさんありますが、チャージでは付与しないカード、または、エディ(EDY)チャージの場合のみPが半減するようなカードが増えています。
ライフカード」「NTTグループカード」「東急カード」「ビッグカメラSuicaカード」などは現状チャージで付与されます。

また、「ANAJCBカードプレミアム」「ANAJCBワイドゴールドカード」「ANAダイナ―スカード(プレミアムカード含む)」はチャージでは付与されませんが、チャージで200円につき1マイル付与される特殊なカードとなっています。

ポイントが付くカードを選ぶこと

エディ(EDY)で決済時にPが付くのは、付与されるエディ(EDY)カードか、おサイフケータイにエディ(EDY)アプリをインストールし、ポイントサービスを登録することで貯めることができる「エディ(EDY)でポイント」の2つ。
200円につき1P(または1マイル)付与されるので、エディ(EDY)の還元率は0.5%となりますね。
還元率1%以上あるクレジットカードでチャージすることで、エディ(EDY)を利用する時に合わせて1.5%以上の還元率で利用することもでき、クレジットカードで払うよりお得に使うこともできます。

エディ(EDY)カードでポイントがたまるものは「ANAカード」「楽天カード」があり、エディ(EDY)を搭載しているカードでも貯まらないものも多くあります。モバイルエディ(EDY)の場合は、ANAマイル、楽天スーパーポイント、Tポイント、ヤマダポイント、ヨドバシゴールドポイント、ビッグポイント、aUポイント,Pontaなどに関連付けることも可能。

楽天EDy付帯おすすめクレジットカードはコレ!

楽天カード
楽天カード
注目!→学生も主婦も入会しやすい
  • 年会費は永年無料
  • ポイントが貯まりやすい!
  • 最高5000万円の旅行傷害保険も付帯!
年会費 ブランド 電子マネー
永年無料 VISA.JCB.Master EDy
Point!

今や最強のクレジットカードと言ってもいい、どのカードよりもポイントが貯まりやすくマイルや電子マネーへの交換率も高い。海外旅行や国内旅行、楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベルなど、東北楽天イーグルス、楽天系のサービスを利用するなら、持っておったほうが断然お得!入会キャンペーンを利用して入会すれば、いきなり楽天スーパーピントが5000ポイントや7000ポイントなどもらえます。

関連記事

  1. nanaco(ナナコ)機能カードの選び方

    nanaco(ナナコ)と相性のいいクレジットカード口コミ

  2. クイックペイ機能付帯カード

    QUICPay(クイックペイ)と相性のいいクレジットカードランキング

  3. Suica(スイカ)機能の選び方

    Suica(スイカ)と相性のいいおすすめクレジットカード口コミ

  4. ワオン付帯カード

    waonと相性のいいクレジットカード入会特典・口コミ

  5. オリコカード

    電子マネーを最大限に使い倒す電子マネー徹底解剖!おすすめクレカ

PAGE TOP