Edy(エディ)機能付きカード選び方

Edy(エディ)機能付きカード選び方

電子マネー付きカードの選びかた

チャージでもポイントは貯まる

エディ(EDY)にチャージ可能なクレジットカードはたくさんありますが、チャージでは付与しないカード、または、エディ(EDY)チャージの場合のみPが半減するようなカードが増えています。
「ライフカード」「NTTグループカード」「東急カード」「ビッグカメラSuicaカード」などは現状チャージで付与されます。

また、「ANAJCBカードプレミアム」「ANAJCBワイドゴールドカード」「ANAダイナ―スカード(プレミアムカード含む)」はチャージでは付与されませんが、チャージで200円につき1マイル付与される特殊なカードとなっています。

ポイントが付くカードを選ぶこと

エディ(EDY)で決済時にPが付くのは、付与されるエディ(EDY)カードか、おサイフケータイにエディ(EDY)アプリをインストールし、ポイントサービスを登録することで貯めることができる「エディ(EDY)でポイント」の2つ。
200円につき1P(または1マイル)付与されるので、エディ(EDY)の還元率は0.5%となりますね。
還元率1%以上あるクレジットカードでチャージすることで、エディ(EDY)を利用する時に合わせて1.5%以上の還元率で利用することもでき、クレジットカードで払うよりお得に使うこともできます。

エディ(EDY)カードでポイントがたまるものは「ANAカード」「楽天カード」があり、エディ(EDY)を搭載しているカードでも貯まらないものも多くあります。

モバイルエディ(EDY)の場合は、ANAマイル、楽天スーパーポイント、Tポイント、ヤマダポイント、ヨドバシゴールドポイント、ビッグポイント、aUポイント,Pontaなどに関連付けることも可能。

一度、自分のエディ(EDY)カードをチェックしてみてください。



キーワード