ポイント還元以外のサービス

ポイントサービスの内容を把握する

クレジットカードを使うメリットは、なんといっても買い物で獲得できるポイント。
カードを選択する時に、どれくらいのポイントがつくのか要チェックです。
たくさんポイントがもらえるクレジットカードを選びたいでしょ。

1000円の商品購入で1ポイント獲得できて、1ポイント=5円の換算で商品券などに交換できるのが一般的ですよ。
1000円のショッピングで5円戻ってくる、還元率0.5%のポイント還元というわけです。
1%を超える高還元率のカードもあるので、真っ先にチェックしたいですね。

さらに、提携カードでは提携先企業での利用でポイント還元率がアップするケースがほとんど。
提携先企業以外の一般店でもらえるポイントの2倍以上になるのはざらでクレジットカード会社のポイントを加えて、ダブルポイントが貯まるカードもあります。
ポイントを目当てにカードを取得スツ場合は、一般店でもらえるポイントと、提携先でもらえるポイント両方のチェックは欠かせませんね。

獲得したポイントの使いやすさもチェック。
貯めたポイントは景品や商品券に交換したり、提携店の支払いで現金の代わりに利用するのが、基本です。
さらに、航空会社のマイルや電子マネーなどへ交換するサービスがあるところも。
貯めたポイントがなにに使えるのか把握しておきたい。(宝の持ち腐れにならないようにね)

付帯保険の有無

クレジットカードには、還元サービス以外にもさまざまな特典があります。
なかでも見逃せないのが、付帯保険。
旅行中に病気やけがをしたときの医療費や、携行品の盗難被害の補償をしてくれる「国内・海外旅行傷害保険」や、カードで購入した商品の破損や東南被害を補償してくれる「ショッピング保険」といった、旅行や買い物の心強い味方になってくれる保険が自動的についてくるカードが多い。
私も海外でソニーのビデオカメラを盗まれたときにも、保険のおかげで新しいカメラを買い直すことができました。(ただし、盗まれた中身のフィルムがもどらないのが心残りではありましたが)
オプションで追加できるカードもあるみたいですよ。

なお、カードの紛失や盗難などで不正使用されたときの被害を補償する制度は、ほとんどのカードで用意されていますよ。

電子マネーとの連携でポイントをゲット

便利なサービスで増えてきているのが、電子マネーとの連携機能。
EdyやSuicaなどの電子マネーとクレジットカードが一体型になっていたり、電子マネーを追加カードとして発行して、クレジット払いと少額決済との両方の便利なサービスを受けることができます。

クレジットカードと電子マネーの連携で注目なのが「オートチャージ」機能への対応。
電子マネーの残高が少なくなると、自動的にオートチャージしてくれる便利なサービス。
さらに、お得にポイントを獲得。
電子マネーへのチャージでポイントが獲得でき、プラスして電子マネーの利用でもポイントが獲得できる2重にお得なポイントサービスを実施しているものもあります。

追加カードでさらにポイントをゲット

電子マネー以外の追加カードの有無も要チェック。
家族カードを追加で申し込めば、自分で獲得したポイントも、家族が獲得したポイントも合算できるケースが多いようです。
家族でバラバラにクレジットカードを取得するより、効率的にポイントを貯めることができるのです。

車を利用する人に、「ETCカード」が追加できるクレジットカードなら、高速道路の利用でポイントを獲得できるので、メインで利用しているクレジットカードに、ETCカードを追加すると効率的にポイントを貯められます。

カード会社のなかにはリボルビング専用カードを用意しているところもありますが、手数料がかかるので慎重に利用したいものです。

キャッシングの利用は慎重に

キャッシング機能が付いているのが一般的。入会時に設定された利用限度額の範囲内で現金を借りられるサービスですが、実質年率5~15%と高い金利がかかるので注意が必要。
キャッシングでは利用した翌月に一括で返しても金利が上乗せされます。
キャッシングの利用は消費者金融からお金を借りるのと同じと認識しておきましょう。
イザというときだけの利用にとどめておくこと。
キャッシングを利用しないのなら、利用限度額をゼロにすることも可能ですよ。