クレジットカードの種類・特徴

お得なクレジットカードを選ぶための知識としてクレジットカードの種類・特徴を把握しておきましょう。

プロパーカードと提携カードの違い

クレジットカードを大別するとクレジットカード会社が単独で発行する「プロパーカード」と、クレジットカード発行会社とさまざまな企業が提携して発行する「提携カード」に分けられます。

プロパーカードはクレジットカード会社の”顔”ともいえるもの。
どこでも気兼ねなく使えますが、ポイントなどの還元率は低め。

一方、提携カードは多数の特典が付いていることが多い。クレジットカード会社が提供する特典やサービスに加え、企業独自の特典もプラスして得ることができます。

スーパーやデパートなど小売店と提携したカードではショッピングでもマイルがためられたり、その特典はさまざま。
日々の生活でよく使う店舗や企業の提携カードを持っていれば、よりお得に生活することができるのです。

●主な提携カード
■銀行系カード
■航空系カード
■スーパー、家電量販店など小売系カード

国際ブランドにも注目

クレジットカードを選ぶ上で、カード発行会社とともに重要なのが「国際ブランド」。
「国際ブランド」とは「VISA]や「MasterCard」など。
ほとんどのクレジットカードは、いずれかの国際ブランドと提携しており、世界中で利用できます。

国際ブランドは「JCB」「VISA」「MasterCard」「AMERICAN EXPRESS」「DinersClub」という5つあり、JCBだけが日本企業が発行する国際ブランド。
日本国内では加盟店の数が最も多い。
海外旅行での利用が多いなら、VISAやMasterCardと提携したカードを選ぶといいでしょう。

クレジットカードのグレード

クレジットカードには受けられるサービスが異なる「グレード」でも分類されます。
一般カード、ゴールドカード、プラチナカードといったグレードがあります。
最も取得しやすいのが一般カードで、クレジットカードの基本的なサービスを受けることができ、年会費1000前後が多く、
年会費無料のカードも増えています。

ゴールドカードは年会費1000円以上と高額になりますが、付帯保険の補償額が大きくなったり、空港ラウンジが利用できるなど、ワンランク上のサービスが受けられるのが特徴。
ポイント還元率も大きめに設定されているのでカードの利用状況によっては、高額な年会費の元を取るのは十分可能です。
使用できる限度額がおおきくなるので、入会審査は厳しくなります。

●学生向けカード
学生専用のカードを発行している会社もあります。
学生カードは収入のない学生でも、学生証などの身分を保障する書類の提示で取得できます。
利用限度額が5~20万円程度となっており、一般向けカードに比べて低く抑えられています。
しかし、ポイント還元や付帯保険などの特典は受けることができます。