クレジットカードの仕組み

クレジットカードの基本的な仕組みをきちんと把握して、カードを使いこなしましょう。

お金の流れはどうなっているのか

クレジットカードの仕組みで、はじめにチェックしておきたいのが、お金の流れです。
新社会人になって自分のクレジットカードをもつという方はしっかり仕組みを知っておいてもらいたいですね。

クレジットカードの仕組みは、会員(カード利用者)と加盟店(カードが利用できるお店)、クレジットカード発行会社の3者の関係で成り立っています。
会員が加盟店から商品を購入すると、クレジットカード発行会社が手数料を引いた額を加盟店に立て替えて支払い、後日会員に1カ月分をまとめて請求するという流れになっています。

ここで注目したいのが、手数料。手数料は会員だけでなく加盟店がクレジット会社に支払うため、現金一括払いなら会員は商品代金以外に手数料を支払う必要はありません。
こうみると、手数料が差し引かれる加盟店が損をするみたいですが、お客さんが手持ちのお金がなくてもクレジットカードで商品を購入してもらえるおかげで、販売の機会が増えるという恩恵を受けているのです。

クレジットカードのメリット

第一のメリットは、現金を持ち歩かなくても、買い物ができるところ。
高額な商品を買うときはもちろん、電子マネーで少額の商品でも、キャッシュレスで手軽に支払うことができます。
そして見逃せないのが、ポイント還元や割引サービス。
ほとんどのクレジットカード会社や提携企業では、クレジットカードでの支払い金額の数%分をポイントとして還元するお得なサービスを実施しています。
貯めたポイントを景品や商品券に交換したり、マイレージに交換してただで海外旅行なんてこともできるのです。

クレジットカードには審査が必要

クレジットカード入会には慎重な審査が行われます。
審査の際に重視するのは「安定した収入」「返済能力」「明確な居住場所」の3点。

入会の際には、勤務先の規模(資本金・従業員数)や年収といった収入、住居形態や居住年数、家族構成などを申告する必要があります。
申込みの際には免許証等の本人確認書類や引き落としに利用する金融機関の届け印、キャッシュカード・通帳などが必要
入会はインターネットのWebサイトでも受付ています。特に年会費が無料になる特典が受けられるケースが多いのでオススメです。

クレジットカードの支払い方法

クレジットカードの支払い方法には、いくつかの種類があります。
代表的な支払い方法は、「翌月一括払い」「ボーナス一括払い」「分割払い」「リボルビング」。
利用時に選択できる支払い方法は、クレジット会社や契約内容によって異なるので注意しましょう。

もっとも一般的なのが「翌月一括払い」。リボルビング専用カード以外では、支払い時に何もいわないと翌月一括払いになります。手数料はかからないので、ポイント還元などのうまみは受けることができます。
引き落とし時には、口座の残高をしっかり把握して、使い過ぎないように。

一方、「分割払い」「リボルビング」では、翌々の支払い額を抑えることができるものの、利用金額に応じて手数料(金利)がかかります。分割・リボルビングでもポイントが優遇されるケースもありますが、手数料を考えるとお得感は目減りしますね。
手数料は決して安くないので、金額や口座の残高などしっかり確認して慎重に利用しましょう。

●翌月一括払い
翌月に一括で支払う方法。商品代金と同額が口座から引き落とされる。
●ボーナス一括払い
ボーナス時に一括して払う。夏は7か8月。冬は12月か1月
●分割払い
支払い回数や月々の支払い額を決めて、支払う方法。利用金額や支払い回数に応じた手数料が必要。
●リボルビング
月々の支払い金額を一定額、または残高に対する一定率に決めておき、その額を支払っていく方式。
残高に応じて手数料が必要になる。残高がある限り支払いは終わらないです。
多くのクレジットカードでは残高に対して月々の支払額が決まる「残高スライド定額リボルビング方式」を採用している。
>クレジットカードビギナーズ(基礎知識)