クレジットカードについて

ANA&JALマイル貯め方 どのカードがおすすめ?

飛行機に乗るか、乗らないかで選ぶカードは異なります

マイル貯めるカードマイル用のクレジットカードを選ぶ際に、最も悩むのが「何の目的でカードを作るか?」ということが明確になっていない場合、入会した後で「失敗した」とならないように、このページで解決しておきましょう。

飛行機をよく利用する人には、ANAやJALの冠が付いたクレジットカードを優先して選べばよい、ポイントをゆっくり貯めて、そのうち飛行機に乗れればよいとかんがえている人はショッピング利用などでポイント還元率が高いクレジットカードを選べばよいのです。

では、もっと具体的に、わかりやすく説明していきます。
ANAやJALカードは航空券購入時にマイルが付与されます、いっぽう楽天カードやセゾンカードなどは還元率が高いですが飛行機を利用してもボーナスマイルは付きません。この場合は、ポイントを貯めてからマイルと交換という手間がかかります。

航空会社カードで陸マイルを貯める

マイルを貯める王道は、JALカードやANAカードなど航空会社提携カードに入会すること。カード新規入会でボーナスマイルをもらえたり、飛行機に乗るたびにマイルがもらえたり、ショッピングやグルメなどの特約店で使うと2倍のマイルがもらえたりと航空会社カードならではの特典が多いです。本格的にマイルを貯めるなら1枚は作っておきましょう。
では、JALカードとANAカードはどうちがうのか?年会費は横並びですが、大きな違いは一部カードの積算率を1%にするための手数料。JALカードは年間で3240円で一律ですが、ANAカードは国際ブランド(visa・JCBなど)によって異なります。JCBは年間2160円、VISA、Masterは年間6480円。また、提携企業にも注目したい。例えば小田急沿線沿いに住んでいるなら、小田急と提携しているJALカードがお得。いっぽう、東京メトロをよく使うならANAの方が貯まりやすいです。WAONユーザーなら、WAONチャージで貯まるJALカード。nimocaやSuicaならANAカード。

どうしてもJALがよいという人には

  • 直接JALマイルが早く貯まる
  • 年会費が安い(初年度無料・次年度2160円)
  • マイル積算率は0.5%以上で安定
  • 入会及び入会後の登場でボーナスマイルをプレゼント
  • JA東日本、東急、小田急などの提携カードを発行

おすすめJALカードを選ぶ


JALカードTOP&CLUB
年会費:初年度無料!
waonやEDYのチャージでマイルが貯まる


JALカードSuicaJALカードSuica W
年会費:初年度無料!
Suicaユーザーにはこちら

JAL普通カードJAL普通カード
年会費:初年度無料
最大10600マイルプレゼント!

JAL CLUB-AカードJALカードClubA
年会費:10,800円円
付帯保険と搭乗ボーナスマイルが充実!

おすすめANAカードを選ぶ

どうしてもANAがよいという人は

  • ポイントをマイルに移行できる
  • 初年度年会費カードが多い
  • マイル付与率は0.5%以上をキープ
  • 入会及び継続でボーナスマイルをプレゼント
  • 東京メトロ、ニモカ、JR東日本と提携カード発行

ANAJCBカードANA JCBカード
年会費:ETC共に無料
海外旅行にも強い


ANA VISAニモカANA VISAニモカカード
年会費:初年度無料!
ご入会で1000マイルプレゼント!!

ANA AMEXANA AMEXカード
年会費:7,000円+税
マイル有効期限なし!

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード入会資格ANA AMEX・ゴールド
年会費:31,000円+消費税
極上のANAサービス希望者へ!

カード選びのチェックポイント

一番の違いは一般クレジットカードの10マイルコースの場合の移行手数料です。
移行手数料を考慮するとJCBカードがおススメ。ただし、あくまでマイル獲得に関してですので、海外で使う予定がある場合やVISAやマスターカードを1枚ももっていない場合等、状況に合わせて考えてください。また、ANAカードは年間利用額が50万円を越えた場合、翌年は付与ポイントが10~60%アップします。ただし、アップした分はボーナス扱いになり、ANAマイルへの交換率は1ポイント=3マイルと通常ポイントより悪くなります。

ANAには特約店、ポイントモールが多彩

ANAカードマイルプラスという特約店サービスがあります。
さまざまな特約店が参加しているので、ANAカードを上手に利用するには、特約店を把握しておくこと。たとえば、高島屋や松坂屋もANAカードマイルプラス対象店なので、ANAカードでより多くのマイルをゲットできますね。

ポイント還元
お得なクレジットカード

ANAのポイントモールはマイルが直接貯められる「ANAマイレージモール」、JCBカードが運営する「OkiDokiランド」、三井住友カードが運営する「ポイントUPモール」があります。
OkiDokiランド、ポイントUPモールで獲得する分はボーナスとなるので、ANAマイルへの交換は1ポイント=3マイル。
電子マネーでマイルを貯めるのは、Edy,Suica,PASMO,QUICPay,iDなど。

マイルが貯まる新規入会キャンペーン中!

飛行機にならない人は一般カードでマイルを貯める

航空会社の提携カードを持たなくてもマイルを貯めることは可能です。飛行機にほとんど乗らないなら年会費無料などの年間維持費が安い一般カードで貯めたほうがお得です。貯まったポイントをJALやANAのマイルに交換できたり、航空券を購入できます。また、電子マネーのチャージでもポイントが貯まるのも魅力。

年会費無料!ポイント還元率が高いクレジットカードランキング


オリコカード ザ ポイントオリコカード
年会費:永年無料!
ポイント還元率は常時1%以上


JCBカード W plus-LJCBカード W
年会費:実質無料!
39歳以下限定の高還元率カード

セゾンブルーアメリカンエキスプレスカードセゾンブルーAMEXド
年会費:25歳迄無料
ポイントの有効期限なし!

楽天ANAカード楽天ANAカード
年会費:永年無料
ANAマイルにも強いポイント還元率!

エポスカード(シルバー)エポスカード
年会費:永年無料
ANA・JAL両方のマイルと交換


デビュープラスカードデビュープラスカード
年会費:初年度無料!
1ポイントでANA3マイル

東急TOPカード東急TOPカード
年会費:初年度無料
ANA・JAL両方のマイルと交換!

VIASOカードVIASOカード
年会費:永年無料
最短即日発行!高還元率!

関連記事

  1. カード年会費

    クレジットカード年会費の損得

  2. 楽天ポイント

    マイルを本気で貯めるエアラインカードを比較で選ぶ

  3. カード付帯保険の利用条件や使い方:付帯保険が充実したクレジットカードは…

  4. 高速道路料金を半額にするETCカードの利用法

    高速道路料金を半額にするETCカードの裏技!?

  5. ポイントが損するカードの使い方

PAGE TOP