航空クレジットカード選び

航空会社クレジットカード選び

利用可能ポイントまで貯められること

マイルを獲得するには、飛行機にのって貯めるフライトマイルとショッピングでためるショッピングマイルの2つの方法があります。
マイルを貯める近道はやはり飛行機に乗ることです。

1年間に1回も飛行機に乗らない場合、1年間にクレジットカードで支払う金額が25万円以上というのが最低条件。
25万円未満の場合はマイルを貯めるのはあきらめたほうが・・・。

特典航空券の予約も最低7500マイル(最低利用可能ポイント)必要。
マイルの有効期限は3年間なので、3年間に7500マイル以上貯められる場合でなければマイルを使うことができません。
年間支払い額が25万円未満の場合は、3年間で7500マイル貯めるのは難しいので、他のポイントに切り替えましょう。

実際に活用できるか確認

お盆や正月しか休みがとれないという方もマイル以外のポイントを最終目的に設定したほうがよいでしょう。
特典航空券は非常に人気があります。
設定された座席は直ぐに埋まってしまい、人気期間や人気エリアは
取得が非常に難しいです。
貯めるまえに活用できるか確認してから・・・。

使いたい路線で選ぶ

マイルにする場合、航空会社野クレジットカードを選択。
飛行機に乗っても、ショッピングでもマイルの貯まり方が抜群。
ANAとJALのどちらにするかは、利用したい路線があるかないかを考慮しましょう。
事前に使いたい路線があるか調べてどちらのマイルを貯めるか選ぶといいでしょう。

また、航空会社はアライアンス(グループ)に加盟しているので、どちらのアライアンスの方が使いやすいかも検討。
JALはワンワールド、ANAはスターアライアンスです。
それぞれに加盟している航空会社を利用してもマイルを獲得できますし、マイルを利用することもできます。

家族みんなで貯められる!

家族カードを申し込むと家族でマイルを合算して使うことができる「JALカード家族プログラム」、「ANAカードファミリーマイル」というプログラムがあります。
家族カードのショッピングマイルは本会員のカードにポイントが貯まりますが、フライトマイルは会員それぞれに貯まります。

特典航空券を予約する場合は、本会員で予約すると、家族会員を含めた有効期限の短いものから利用できるためマイルを有効に利用できます。



キーワード